佐藤佐吉演劇祭2024 特設HP
想像力に希望を懸けたリリカルなストーリーと、その随所にちりばめられた多層的な言葉のおかしみによって描きだす。誰しもが思い当たる人間の悲哀と、どうしようもなくくだらないユーモアが、舞台上であざやかに結びつくとき、思いがけない生の輝きが誕生する。
結成年 2014年 
コピー  we are THE排気口 火に弱い

作品


排気口『光だと気づいた順に触れる指たち』

会場 王子小劇場
公演期間 3月20日(水)〜3月24日(日)
作・演出 菊地穂波
キャスト 佐藤暉、中村ボリ、坂本ヤマト、桂弘、澁川智代、森川錦、海国りん、山田航大、小川雄気
日程
3/20
(水)
19:00
3/21
(木)
19:00
3/22
(金)
19:00
3/23
(土)
13:00 18:00
3/24
(日)
13:00 17:00
券種 予約3500円・当日4000円
18歳以下は予約・当日共に1000円
ご予約 https://shibai-engine.net/prism/webform.php?d=2u5sldm8
スタッフ 演出助手:加茂慶太郎
音響プランナー:Mana-T
音響オペレーター:夢乃屋毒花
照明:中村仁
照明操作:麗乃
舞台監督:菊地穂波
舞台監督補佐:伊藤セナ
ご連絡 ☆団体ホームページ☆ 
https://haikikou.stage.corich.jp
あらすじ 春が瞬く、その前に。
うららかな光が降り注ぐ、緑のまぶしい屋上庭園。天体観測の催しのために集まった人々が、日没を待ちながらとりとめのないおしゃべりをしている。
抱える事情や胸中の想いが異なるがゆえ、勘違いや戸惑いが次々と生まれていく一方、夜は等しく、次第に近づいてくる。過去へのまなざしと、未来へのまなざしが淡く交差し、ほつれあう、夜空を見上げるまでの春宵一刻。