今後の公演予定

【公演延期】
yoowa

『神籬』

2/16[Wed.]〜2/22[Tue.]


この公演は開催延期となりました。
詳しくは劇団発表をご確認ください。

劇団ぎんぎつね

『遠吠えを忘れた野良犬たちは朝を夢みて眠り続ける』

2/23[Wed.]

【構成・演出】
池亀三太
【出演】
劇団ぎんぎつね劇団員、石上清か、樋口双葉
【内容】
人でなしと、犬畜生たちの夜。

ここはかつて劇場と呼ばれ人々が集った場所。
夜になるとポツリポツリと行き場を失った者たちがやってくる。
体を寄せ合い傷を舐めあいながらまた朝がくるまでの数時間をやり過ごす。
この世界に神様なんかいるわけないけど、ここでずっとじっと待ち続けている。

2/23[水] 15:30 18:30
Corich舞台芸術! | チケット予約

DULL-COLORED POP第24回本公演

『プルーフ/証明』

3/2[Wed.]〜3/13[Sun.]

【作】
デヴィッド・オーバーン
【翻訳・演出】
谷賢一
【出演】
阿久津京介、伊藤麗、大内彩加 * 、大塚由祈子(アマヤドリ)、大原研二 * 、柴田美波(文学座)、竪山隼太、中田顕史郎、古屋隆太(青年団)、水口早香、原田樹里(キャラメルボックス)、宮地洸成*
(3チーム/3バージョン同時上演。*は劇団DULL-COLORED POP所属)
【内容】
シカゴ、冬。天才数学者・ロバートは103冊のノートを遺して世を去った。家に引きこもり人を寄せ付けようとしない次女キャサリンと、ロバートの研究を引き継ごうと家を訪れる青年ハル、キャサリンの身を案じる長女クレア。3人はやがて1冊の「証明」が書かれたノートを発見する。「数学の歴史が始まって以来、あらゆる数学者たちがずっと証明しようとしてきた」「おそらく不可能だろうと思われていた」証明。ロバート最後の偉業と思われるその「証明」について、キャサリンが驚愕の事実を打ち明ける。この証明は……。


団体サイト

佐藤佐吉演劇祭2022

3/16[Wed.]〜4/24[Sun.]

【参加団体】
3/16〜21 劇団スポーツ『怖え劇』
3/17〜21 やみ・あがりシアター『マリーバードランド』
3/24〜28 第27班『下品なジョン・ドー 笑顔のベティ・ドー』
3/24〜27 複合創作ユニットwakka『phantasma alley』
3/31〜4/3 劇団 短距離男道ミサイル『Ultimate Fancy Ojisan』
3/31〜4/3 かるがも団地『なんとなく幸せだった2022』
4/5〜10 コンプソンズ『イン・ザ・ナイトプール』
4/7〜10 演劇祭企画『見本市』
4/11 演劇祭企画『王子落語祭』
4/12 演劇祭企画『三六闇市』
4/14〜17 route.©️『放課後、ミドルノート』
4/15〜18 南京豆NAMENAME『リディキュラブ(仮)』
4/17〜24 中野坂上デーモンズ『安心して狂いなさい』
4/20〜24 劇団普通『秘密』
詳細はこちら↓↓
佐藤佐吉演劇祭2022特設ページ
 

PAGE TOP