今後の公演予定

【上演延期】

越前屋由隆一人芝居企画

『霜崩れ』

1/29[Fri.]〜1/31[Sun.]

【脚本・演出】
中原和樹
【出演】
越前屋由隆
【内容】
再び舞台の上に、
けれどかつての世界はもうない。
だから、一歩踏み出す。

社会的意義も様々考えましたが、全身全霊「越前屋由隆が一人芝居をする」それだけの企画にしました。

佐藤佐吉賞2019最優秀主演男優賞受賞、俳優・越前屋由隆、初の一人芝居。
1/29[金] 19:30
1/30[土] 14:00 18:00
1/31[日] 13:00 17:00
越前屋由隆オフィシャルホームページ> | CoRich舞台芸術! | チケット予約

【上演中止】

ハダカハレンチ

『エレキ鰻は泣いている?』

2/12[Fri.]〜2/16[Tue.]

【脚本・演出】
岡本セキユ
【出演】
國吉咲貴(くによし組)、中野亜美、榊原美鳳(ハダカハレンチ)、秋本雄基(アナログスイッチ)、門前竣也、井田雄太(ハダカハレンチ)、やないさき(白米少女)、井本みくに、山田健太郎(やまだのむら)、野花紅葉(モミジノハナ)、宮下真実(レティクル東京座)
【内容】
膝太郎は膝から生まれた。足腰の強い少年だった。
妹のさくらは生まれつき膝にバクダンを抱えている。
優しい父は海洋学者、母は元陸上選手。
祖母の姿を見たものはひとりもいない。

彼が生まれて間もないころ、関西地方で大きな地震が発生。
その夜、鰻が父の脳に侵入し、
それ以来父は意思疎通が困難になってしまった。

それでも膝太郎はよく育つ。風邪ひとつひいたことがなかった。
愛犬のゲルニカは幼い膝太郎の唯一の友だち。
深海くんは父の弟子で、
鰻の軟骨成分コンドロイチンを研究している。
さくらの膝に効くらしい。
家族の日課は二時間サスペンスの再放送をみること。
昼下がりの船越英一郎が膝太郎のヒーローだ。
終わらない日常は平穏で、
けれども、彼の頭はなんだかいつもチカチカしていて、
なんだかいつも落ち着かなくて、
頭の中ではずっと世界中を駆け回っていて、
だからなんだかいつも、とても疲れているのだった。

膝太郎が小学校に上がるころ、見知らぬ男が訪ねて来る。
男は児童相談所の職員で、東京から出向してきたという。
そのとき、膝太郎ははじめて「東京」を知った――


不条理千万!令和のハダカハレンチ本公演は疾風怒濤の大河劇!!
夢見がちな少年・膝太郎が生まれてから死ぬまでの話、
そのまわりを駆け抜けていった、たくさんの人々の話です。
2/12[金] 19:00
2/13[土] 13:00 18:00
2/14[日] 13:00 18:00
2/15[月] 14:00 19:00
2/16[火] 14:00
団体サイト | CoRich舞台芸術! | チケット予約(一般)チケット予約(高校生以下)

プルーフプロジェクト

『PROOF』

3/2[Tue.]〜3/7[Sun.]

【脚本】
David Auburn「PROOF」
【演出】
下平慶祐(もぴプロジェクト)
【出演】
Sachi Tanaka 他
【内容】
David Auburnによる傑作戯曲「PROOF」の英語上演公演。
登場人物は男2女2の四人芝居。 主人公であるCatherineが父の葬儀を前にし、自分の人生についてを見つめ直す。
上演時間は約120分。
キャストや主なメンバーを四大学英語劇大会OBOGで構成している。
3/2[火] 19:00
3/3[水] 15:00 19:00
3/4[木] 15:00 19:00
3/5[金] 15:00 19:00
3/6[土] 15:00 19:00
3/7[日] 12:00 16:00
団体サイト | チケット予約

PAGE TOP